セフレにサクラを行うようになったようです

不信感が世間並みにあればそんな男性を追いかける筈はないのにと信じられないところなのですがよく言うと清純で先入観のないこの人たちのような女子は怪しい相手だと知っていてもその人をおいかけてしまいます。
過去に女性が大勢暴力事件に引きずりこまれたり命をとられたりしているのにそれなのにそんなニュースから教訓を得ない女たちは嫌な空気を受け流して相手にいわれるがまま従ってしまうのです。
ここまでの彼女の浴びた「被害」は、どこから見ても犯罪被害ですし、ごく普通に法的に責罰することができる「事件」です。できる
それでもなお出会い系サイトに加入する女は、どうした事か危機感がないようで、当たり前であればすぐにふさわしい機関に訴えるようなことも、適当にやり過ごしてしまうのです。
結果的に、行為者はこんな悪いことをしても気づかれないんだ受け入れてもらえるならどんどんやろう」と、有頂天になって出会い系サイトを有効利用し続け、嫌な思いをする人を増やし続けるのです。
「黙って許す」ということだと、やさしい響きがあるかもしれませんが、その素行こそがセフレ犯罪者を増殖させているということをまず見つめなければなりません。
被害を受けたその時はさっさと、警察でも0円で相談ができる窓口でもあなたの行きやすい方でいいので一番に相談してみるべきなのです。
筆者「Eさんに至っては近所 セフレ レズセフレ筋合いが少々違う様ですが、如何なることがあってエッチ友達復讐していこうと決めたのですか?差し障りないと言う場合、聞かせて貰いたいです」
E「差し障りについては一応あるのですが(笑)、今回はきちんと謝礼も頂いている事ですし、お伝えしていこうと思います。まずですが、わたし、18歳位の年齢の時に、出会い系サイト内で見つけた人に、暴行未遂の被害状態にあっているのです」
筆者を初め、Eさん以外のその場に存在する全ての人物が、波が引いたように口を閉ざしてしまいました…。
E「何かしようなんて思ってないからと言われ、カラオケに出掛けたんです。けれど、だいぶ古めかしい感じで薄暗い状態の場所で、店員でさえほぼ訪ねて来ないような、だいぶ奥の部屋へ連れてかれて、その後、急にソファに押し倒されてスカートめくってきたんです」
筆者「そのような事態であるならば、訴訟する事で十分解決できる訳だし、サクラへ手を出さずに、警察へ相談しにいく方がだいぶ復讐に繋がると思うけど」
D(居酒屋業の女性)「私もそっちの方が妥当な気がします…」
筆者「サクラに決めなければいけない訳が別にあるのですか?」
E「警察に関しては勿論行きました。だけど、あなたが訴える事になった場合は、相手が自分にしてきた事を全て、複数の人達に対し喋らなきゃいけないんですよと言ったんです。あなたが多少でも相手のしでかした事柄を良しと思っていた場合、それが分かった段階で、そう言った努力がムダになってしまうんだよって。訴えがダメなんだったら、サクラになってしまって、内部から出会い系にダメージを与えてしまおう、と思って」
どうやら、Eさんはまともな対応をしない警察に当たりエッチ友達合法的な手段に活路を見いだせなくなった為、サクラを行うようになったようです。
そして、この事柄に対してBさんが突拍子もない持論を言い出したのです。

関連記事:

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>